ブログ 海外生活

【海外生活】アメリカで私が入った安い健康保険

更新日:

今回渡米を決めた時に一番最初に気になったことのうちの一つが保険でした。

日本では国民保険や会社員の健康保険などに入っていると普段生活する上で困ることはほぼないかと思います。内科も、皮膚科も、婦人科も、そして歯医者も。日本の保険はほとんどカバーしてくれますよね。

しかしアメリカには日本のように公的な保険制度がありません!

政治系の話でよく取り上げられる大きな問題ですよね。アメリカは医療費がバカ高いくせに全国民が入れるような公的な保険はなく、保険料も高い為保険に入っていない人もたくさんいるんです。病気になってもお医者さんに見てもらえない貧困層の人たちがたくさんいるってことですね。先進国とは思えない問題を抱えているわけです。

そんな国に貧乏学生として出向くのですから、ある意味私も片足貧困層みたいな心構えで保険について調べていました。

アメリカで私が入った安い保険

大学に留学した時はこの問題がなかったんです。州立のコミュニティカレッジでしたし、学生用の保険がありそれに入ればよかっただけなので安心でした。

でも今回はVocational School、いわば専門学校なので学校はそんなとこまで面倒を見てくれません。

そこでまずは普通にGoogleで "International Student Insurance" と調べて見ました。
そしたら、なんてことでしょう。そのまんまの名前のサイトが出てきたのです!笑

International Student Insurance

ここで普通に保険が欲しい期間を入力して生年月日など必要な項目を入力するだけで、自分が入ることができる保険と料金を教えてくれます。

超簡単!

「こんな簡単でいいわけがない。」そう思った私は問い合わせました。レスポンスのよさなども信用度に関係しますからね。そしたら、なんと物凄い速さで返事が!!何度初歩的な質問をしても丁寧に毎回返事をくれました。いい人たち!

結果的に私は約1年近い期間の保険を日本円で10万円もしないくらいの保険料でカバーすることができました。

日本の安価な保険会社でもここまで安くないと思いますよ。

しかし、アメリカの保険に入る上で知っておくべきことが…

これは私も初めて知ったので、まだどう機能するのかハッキリわかっていないのですが、アメリカの保険にはDeductibleというものがあります。

Deductibleとは

Deductibleとは、実際に医療機関にかかって料金が発生した場合「最初のいくらまでは自己負担します」という額だそう。そしてDeductibleが高ければ高いほど、保険料は安くなります。

例えば、29歳の日本人が留学をするために1年間アメリカに行く、と設定した場合の一番安い保険がこちら▼

Policy Maximumは保険でカバーされる最高金額。そして一番左に表示されているのがDeductibleです。

ご覧頂くと分かる通り、例えばPolicy Maximum$100,000の保険を購入したい場合、Deductible、つまり初期治療費の自己負担がゼロの場合は保険料が$658.80なのに対して、Deductibleを$2500に設定すると保険料は$368.93になります。

病院にかからない自信のある人はDeductibleを多めにして保険料を減らすのもいいかもしれませんし、いつ病気になっても負担がないという安心感が欲しい場合はDeductibleをゼロにするのもいいかもしれません。

でも、こういう安価な保険はカバーされない項目ももちろん多いので気をつけてください。

例えば、アメリカの歯医者は全く別の保険でないとカバーされないので、健康保険に加入しても歯医者は含まれませんし、私の加入したこの保険は婦人科などではカバーされない診療内容もある、と言われました。

なので、とにかく安く済ませたい人にとっては良い保険だと思いますが、本当に安心感を保険という形で購入したい方は、もっと手厚いカバーをしてくれる保険の方が良いでしょう。

インフルエンザの予防接種を受けてみた

そんなヘナチョコ激安保険を提げて最近Flu shot(インフルエンザの予防注射)を受けてきました!

正直私の保険じゃカバーされないんじゃないかしら、と思ったのですが、友達が受けるというので「聞くだけ聞いてみなよ」と言われて付いて行きました。

すると、なんと!

アメリカのインフルエンザ予防接種に大量のクーポンがある!

日本じゃ考えられなくないですか?

アメリカだと薬局の薬剤師さんとかが予防注射を打ってくれるので、わざわざ病院に行く必要がない上に、店舗ごとにクーポンがあって半額とかになるんです!

しかもクーポンも保険もなくてもだいたい$40〜50くらい。ありがたい!!

▲このGoodRXっていうサイトにFlu Shotの種類の名前を打ち込むとこうやってクーポンがたくさん出てきます。

私は近所のWalgreensという薬局に聞きに行ったのですが…

なんと、ヘナチョコ保険で予防接種ができました!

あんな1年間で10万もしない保険ですが…しかも私はDeductibleをいくらか設定しているので、これは負担になるのかな?と思っていたら、これはなりませんでした。完全に無料!

注射は痛かったですが、Walgreensバンドエードも貼ってもらって大満足でしたよ!

 




-ブログ, 海外生活

Copyright© バイリンガルさん , 2020 All Rights Reserved.